チューブを使ったフィットネスで筋トレやダイエットをしよう!

屋内運動23

チューブを使ったフィットネスは多くの人がご存知かと思います。筋トレの器具ではお求めになりやすい値段で購入しやすく、スポーツジムなどで見かけることも多いためなじみが深いです。筋トレに有効なチューブトレーニングですが、実はダイエットにも高い効果を発揮します。

チューブトレーニングが筋トレやダイエットで発揮する効果を見ていきましょう。

チューブトレーニングとは

チューブトレーニングはトレーニング用のチューブを使ってフィットネスを行うことで、筋トレやダイエットに高い効果を発揮できるトレーニングになります。ただチューブを伸ばすだけではなく、何かに引っかけて使用することでかなり強い負荷をかけたり伸ばし方を工夫することで鍛える場所を変えることができるんです。

チューブトレーニングのメリット

チューブトレーニングは自重筋トレでは刺激しづらい筋肉を刺激することができて、鍛えられる場所が多いです。

自重トレーニングや他の器具を使った筋トレのほとんどは重力に逆らわずに行いますが、チューブは重力とは違う方向から負荷が加えられるので筋トレの種類が非常に豊富なんです。

ひも状のチューブなら持ち手を変えることで一本のチューブでも負荷の強度を変えることができて便利です。同じタイプのチューブでも強度が違うタイプが売られていて、伸ばすのに必要な力が変わってきます。チューブの長さには制限があるので、より負荷の高いチューブを買えば鍛えたい場所により高い刺激を加えられます。

筋トレにチューブを使用する場合、チューブを使用しない場合よりも負荷をあたえている状態の筋肉を意識しやすいです。

筋トレには意識性の法則という言葉があり、筋肉に触れながら、または筋肉を意識しながら行うことでより効果が高くなると言われています。

チューブトレーニングで筋トレをすると、鍛えている最中の筋肉に常時負荷がかかるため筋肉を意識しやすく、筋肉がより発達してくれます。チューブトレーニングは器具を使った筋トレの中でも、筋トレ初心者でも安全に行えることでも知られています。

ダンベルなどの器具を知識があまりないまま使用していると、筋トレの最中に筋肉に疲労が溜まってフォームが崩れてしまい、手首や腰や肩などを痛めてしまうことがよくあります。チューブトレーニングは他の器具ほど強い負荷をかけず、フォームを意識して筋トレをしやすいので体を痛める心配がそれほどありません。

チューブは筋トレの器具の中でも場所を取らないというのも大きなメリットです。家のどこにでも置いておけるので手軽に買いやすく、旅行や出張など出先でもチューブを持っていって気軽にチューブトレーニングができます。

トレーニング用のチューブは値段も安いです。強度によって値段は変わってきますが、高くても3000円程度で買うことができます。狭い場所でも筋トレやダイエットができるので、ジムは高くて敷居が高いという方にもオススメとなっています。

チューブトレーニングでのダイエット

屋内運動26

チューブトレーニングはダイエットにも向いたフィットネスです。ダイエットは痩せたい部位に筋肉を付けると効果的と言われています。これは筋肉が付くことでその部位が引きしまって細く見えて、筋肉が多くなることで脂肪の燃焼効果も高くなるからです。

自宅での筋トレは器具を買わないとほぼ自重トレーニングしかできませんが、自重トレーニングは鍛えたい部位以外の筋肉も使用するので疲労が大きく、効果も疲労に見合ったほどには期待できません。チューブトレーニングならどこか1か所を集中して鍛えられるので疲労感はそれほどなく、細く見せたい部位の筋トレを行うことができます。

フィットネスクラブのおしゃれはソックスを取り入れるのがおすすめ!

チューブトレーニングはダイエット筋トレにも向いている

また、他の器具ほど負荷がかからないチューブトレーニングはダイエット筋トレにも向いています。ダイエット筋トレとは、筋トレを行う回数を増やすことで筋トレだけでなくダイエットの効果も期待するダイエット法になります。

一般的に筋トレは限界の強度で10回程度、多くても15回程度がいいと言われています。これはより質の高い筋肉を作るためでもありますが、回数を少なくすることでフォームが崩れるのを防ぎ、怪我を防止するという目的もあります。

負荷が小さくフォームを意識しやすいチューブトレーニングは、フォームを崩さずに回数をこなせるのでダイエット筋トレに向いているんです。

ダイエット筋トレで行う筋トレの回数は20回以上で素早く行います。

呼吸法も大切で、力を入れる時に口から息を吐いて、元の位置にチューブを戻してから息を吸うようにします。普通の筋トレは無酸素運動の効果しか出ないものが多いですが、ダイエット筋トレは回数を多くして、素早く行い、呼吸法を工夫することで有酸素運動の効果も出るようにしています。

ダイエット筋トレを行う場合、毎日続けられるように鍛える部位を1か所だけにして、翌日は別の部位を鍛えるようにすると続けやすいです。一度に全身の筋トレを行うと全身に筋肉痛が出て、ダイエットのモチベーションが下がってしまい効率も落ちてしまいます。

1か所ずつ鍛えることで筋肉痛に悩まされづらくなり、毎日違ったメニューができるのでダイエット筋トレに飽きづらくなり、モチベーションをずっと高いままにできるんです。

チューブトレーニングで鍛えられる部位

チューブトレーニングで鍛えられる部位は非常に豊富です。足や何かに引っかけて引っ張れば腕の筋肉を鍛えることができます。押さえ方や引っ張り方によって二の腕、前腕、力こぶなど多くの部位を鍛えられます。腹筋もチューブで鍛えられます。

腹筋や、くびれを出すために重要な腹斜筋も手軽に鍛えることができます。バストアップに有効な大胸筋のトレーニングも可能になります。チューブトレーニングは下半身にも有効です。太ももの内側、太ももの裏、太ももの表、太もも全体、すね、ふくらはぎなどを鍛えることができます。

背中とお尻を鍛えることも可能です。お尻、肩甲骨周辺、背中から腰、広背筋などが鍛えられます。また、チューブトレーニングには肩こりを解消したり股関節の不調を整える方法もあります。肩などがちょっと変だと感じたら試してみることで具合がよくなる場合も多いです。

他にも体幹を鍛えてバランス感覚をよくするようなトレーニング法もあります。筋トレ、ダイエットだけでなく体の不調を治せるのがチューブトレーニングの凄いところです。